バカラグラスに名入れ「こだわり編⑦」

この「こだわりの話」は私たちのこのホームページが、 いまのカタチになるまでの「滑ったり」「転んだり」「喜んだり」の記録を、 お客様に読んでいただこうと考えて書き始めました。

よくサイド面と底面と両方にレリーフ(刻印)を入れたいというお客様がいます。

ワイングラスやシャンパングラスは問題ないのですが、

とりわけロックグラスが難しいのです。

ロックグラスの底とサイド面はハイボールグラスと違って近いので、

どうしてもきになるのがバカラのロゴ位置です。

バカラのロゴは1点、1点、職人が自分の感覚でロゴの位置を、

レリーフ(刻印)していきます。

その時の基準は職人の感覚で位置が決められます。

ですから職人はサイド面のカットの位置と、

底面のロゴの関係は考えていません。

ただレリーフの入ったロックグラスを素直にレリーフを眺めて、

底面を覗きこむとバカラマークが見えるわけですが、

その時にバカラのロゴが下の写真のように、

サイド面に対してレリーフと水平に並んでいるわけではありません。

様々な方向にバカラのマークが傾いているという事になると思います。

底面のレリーフは当然のように、

バカラマークを基準にしてその上下に入れるので、

サイド面のカットと底面のロゴの関係があっているのは、

奇跡のような偶然となります。

アルクールやマッセナの様なカットがはっきりしているグラスでは、

ほとんど合う事はありません。

ロックグラスでサイド面と底面両方にレリーフを入れたいお客様には、

下の写真のグローリアの様な連続模様か、

ナンシーやパーフエクションの様なカットに影響を受けないグラスを、

弊社ではお勧めしています。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事