オールド プルトニー

たまたまず〜っと探していた。 北ハイランドの名酒オールドプルトニーが、 手に入ったのでアップしたいと思います。

このオールドプルトニーは、 吉村宗之著の「うまいウィスキーの科学」には、 氏のベストウィスキーの中の1本であり、 オイリーでソルティな1本という風に書いてあったので、 是非飲んでみたいなと思っていろいろと探していました。

飲んでみると、 美味しい事は間違いなく美味しいのですが、 オイリーとかソルティーとか、 という感じは全くせず、 どちらかというとジュニーウォーカーの、 キーモルトの一つカードゥに近い、 ピュアで蜂蜜のフレーバーが印象的なスコッチでした。

昨日ウィスキーが好きな女性と、 お話をしたとき、 「氷でウィスキーを割った時の甘さが好き」、 という言葉が印象的で、 確かにスコッチの捉え方の一つの基準として、 この蜂蜜系のフレーバーが強い、 スコッチってかなり数があるなと感じました。 日本のウィスキーでも宮城峡だと、

うちのかみさんも大好きでおいしいと言います。

このオールドプルトニーも間違いなく、 そんな一本でした。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事