ラフロイグ10年

アイラ島の「ピートフリーク」垂涎のシングルモルト、 ラフロイグ10年です。 スコットランドの蒸留所の中で、 もっともスモーキーでピーティな、 シングルモルトを作っているのがアイラ島です。 地元では「アイラ」と呼んでいます。 アイラモルトの人気は近年ますます高まっています。 その人達を「ピートフリーク」と呼ばれ、 シングルモルトはアイラのモルトしか、 興味が無いとまで言わせてしまうほどです。 アイラでウィスキー造りが盛んになった理由は、 地理的にアイルランドに近い事や、 ピートがふんだんにある事、 大麦の栽培に適した温暖な気候であった事、 さまざまな理由からアイラのシングルモルトは、 世界中から熱い視線を送られています。 そしてこのラフロイグはアイラ産の中で、 もっとも「海のニュアンス」を感じる、 シングルモルトと言われています。 確かにボトルを開けて最初に感じるのは潮風です。 潮風や海藻のニュアンスがとっても魅力的な、 アイラのシングルモルトです。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事