ジョニウォーカー黒ラベル

ジョニーウォーカーの生みの親、 ジョン・ウォーカーはもともと農場主の息子で、 15歳の時に家族とともに総合食料品店を始めます。 1853年にアンドリュー・アッシャーが、 ブレンデッド・ウィスキーの開発に成功し、 それまで禁止されていたブレンデッド・ウィスキーが、 許可される様になりました。 ジョン・ウォーカーは総合食料品店で、 ウィスキーを販売していたので、 彼もまたブレンデッド・ウィスキーを手がける様になります。 ジョン・ウォーカーの作るブレンデッド・ウィスキーは、 評判が良く彼が死んだ1857年にはジョン・ウォーカーの作る、 ブレンデッドウィスキーの評判はスコットランドから、 イングランドまで届く様になっていました。 このジョン・ウォーカーの作ったブレンデッド・ウィスキーを 世界に広めたのがジョンの息子アレキサンダー・ウォーカーです。 彼が1867年に完成した「オールド・ハイランド・ウィスキー」は、 世界各地の展示会で優秀賞を受賞し、 以後25年間売れ続け1880年には9万ポンド売り上げ、 ジョニー・ウォーカーは名実共にスコッチのトップブランド、 としての地位を確立しました。 そして時代はジョン・パターソン・ウォーカーと アレキサンダー・ウォーカー2世です。 この時期にウィスキー産業は大きな発展を遂げ、 1893年にはカードゥ蒸留所を買い取り、 上質だったハイランドモルトを、 自分達で管理できる様になりました。 そして1909年カードゥ蒸留所のモルトを中心に、 40種類以上の良質なモルトとグレーンを、 調合したジョニーウォカー赤ラベルと黒ラベルが誕生しました。 カードゥは先日僕も飲んで、 このブログに書きましたが本当に蜜の様に甘く、 フルーティなモルトです。 この蒸留所を中心としてタリスカーの様な、 ピーティなモルト掛け合わせていく熟練の技が、 ジョニーウォーカー黒ラベルを飲むと、 リアルに感じることができます。 それぞれのシングルモルトも光り輝いているのに、 それを絶妙なバランスでブレンドした黒ラベルは、 スコッチの完成度を知る上で、 やはり欠かせないスコッチだと感じます。 スコッチを知る為に飲む最初の一杯はジョニ黒です。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事