ブナハーブン

アイラ ブナハーブン12年

村上春樹の著書の 「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」では、 ブナハーブンの事を、この様に表現している。

以下引用

淡い闇の光の隙間を細く繊細な、 指先でたどるピーター・セルギンの、 「コルトベルク変奏曲」を聴きたくなるような、 穏やかな宵には、かすかなブーケの香が漂う、 ブナハーブンあたりを、 ひとり静かに傾けたいところである。

と、かなり想いのこもった解説をされている、 ブナハーブンを飲んでみました。

以外にもアイラのモルトとは思えないほど、 ピーティな味わいではなく、 その繊細な味わいはロックで飲むとアロマが飛び、 ティストも良く分からなくなるほどです。 トワイスアップやストレートで飲むと、 やはりフレッシュな花の様な香が印象的です。 ボディ自体に厚みはないんですが、 なんとも言えない複雑で奥行きのあるテイストが、 口の中で広がります。

ちょっと今まで経験した事のない風合いがあります。 「コルトベルク変奏曲」を訊きたくはなりませんでしたが、 ミュージックステーションの録画を見ながら、 美しく沈んでいく夕日を見ながら美味しく頂きました。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事