オーヘントッシャン

April 30, 2014

ローランド地方のウィスキー造りの伝統を守り、
いまでも3回蒸留で作られている、
シングルモルトそれがオーヘントッシャンです。

3回蒸留と言うのは、
アイリッシュウィスキーの伝統的な製法で、
3回蒸留した物は、
あきらかに雑味が無くスッキリとした味わいになります。

現在のローランド地方のほとんどの蒸留所は、
蒸留効率を上げると言う時代の波に流され、
この手間がかかる伝統的な3回蒸留をやめてしまいました。

結果、ローランドモルトの品質は低下し、
隆盛を誇るハイランドモルトに対する対抗策として、
ローランド地方では連続式蒸留器を入れ、
グレーンウィスキーの製造にシフトしていきました。

オーヘントッシャンは時代の流れに逆らい頑固なまでに、
3回蒸留にこだわり続けた、
ローランド地方のガラパゴス的なシングルモルトです。

しかしそのこだわりは飲んでみると、
さすが!と、思わず唸ってしまう程の美味しさです。

バランスが良くミルキーな洋菓子を連想させるアロマや、
果実のような甘い香のフレーバーを持っています。

そして格別にスッキリとした飲み口は、
草原の香さえ連想させ、
何杯飲んでもその爽やかさは変わりません。

3回蒸留と言えばアイリッシュウィスキーの伝統的な、
蒸留方法なのですが、

アイリッシュウィスキーではピートを炊きません。
オーヘントッシャンはすっきりした3回蒸留の飲み口と、
スモーキーな部分が微妙にバランスしている、
とても完成度の高い特別な味わいです。

一手間かける事にこだわり続けたローランド誇り、
そのこだわりが伝わってくる素敵なスコッチです。

 

名入れグラスとはに戻る

 

 

タグ:バカラグラス名入れ

Please reload

お勧めの記事

バカライヤーグラス2019

January 5, 2019

1/10
Please reload

最近の記事

August 20, 2018

August 15, 2018

March 16, 2018

March 15, 2018

Please reload

過去の記事
Please reload