バカラグラスに名入れタリランド。

タリランドの底面の名入れデザインも、

サイド面同様・・・いやそれ以上に悩みました。

まずスペースがないのです。

それ以上に驚いたのが底がバカラのロゴを中心に、

魚眼レンズのような状態になっていて、

文字を入れるとどのような見え方になるか想像がつかないのです。

この問題を解決するために、

レリーフ専門業者と何度も打ち合わせをする中で、

デザインの版下を直接グラスの下に置き、

グラスを通して見た画像と、

実際レリーフを施した仕上がりが変わらないということがわかりました。

バカラは1点、1点、手作りですので、

グラスとロゴマークの位置関係は微妙に変わりますが、

文字の仕上がりはイメージ写真と変わらない様に、

レリーフできる様になりました。

写真からもわかる様に名入れの文字は、

できるだけロゴに近づけます。

実際に出来上がったグラスのレリーフは鏡面効果で、

下の写真より文字は大きく見えます。

このやり方はハイボールグラスの底面のデザインでも、

同じ様に応用しています。

名入れグラスとはに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事