バカラグラスに名入れタリランド。

タリランドの名入れデザインはとても大変でした。

まずサイド面は他のグラスのように、

飲み口とカットとの間に空間がないからです。

サイド面の名入れは口元の近くに彫ることができません。

その理由はプルデザインのレリーフがサンドブラストだからです。

サンドブラストは細かい砂をグラスに当て、

グラスを磨くように彫っていきます。

ですから飲み口の近くにレリーフがあると口元にあたってしまいます。

単なる飾りであればそれでも良いのですが、

グラスは実用品ですので、

お使いになる時の機能も含めてデザインだと考えています。

タリランドのサイド面は6つの面で構成されたフラットカットと、

口元に向けて広がる美しい3時曲線でできています。

思考錯誤の末たどりついたのが、

フラットカットにレリーフすることができないかということです。

名入れグラスに戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事