琥珀の中の記憶。

「メモリー」という言葉に共感される方は多くいると思います。

この言葉には人生の全てが含まれているかも知れません。 幸福な思い出に包まれて人生を全うしたいと、 多くの人が考えていると思います。 でも「人生」とやらはとてもやっかいで、 一筋縄では行きません。 そして人生は気がついてみると、 とても、はかなく、危うい物である事を発見します。

僕の先輩が書かれた本の一節に、 地球に生命が生まれた時点を起点にして、 1年間の長さで地球の生命の歴史を考えると、 キリストが十字架に架けられて処刑されたのが、 大晦日があける15秒前だそうです。 僕達の人生を地球暦に換算するとわずか、 1秒にも満たない中で、 泣いたり、笑ったり、感動したり、愛し合ったり、 そんな奇跡の時間の中を旅しているのかも知れません。

今回はバカラのグラス マッセナ370ccに名入れをしました。

T.H.さんからはこんな素敵なコメントを頂きました。  家族が50歳の記念品を創ったらと言ってくれたので  シングルモルトが好きなのでバカラのグラスにしました。  バカラクリスタルと氷の輝きを通してモルトの琥珀が  ゆれている感じがとても幻想的で心地よい酔いを  味わってます。かけがえのない記念品になりました。 いま、ここにあるある現実を確かな事実と受け止めて、 その素晴らしさを記憶として留めていく事が、 僕達の生きる証かも知れません。 そんな夢とも幻想ともつかないそんな時間を、 与えられているこの瞬間こそが、 いま僕達が信じられる最も贅沢な時間だと思います。

HOMEへ戻る

お勧めの記事
最近の記事
過去の記事