アルクール ペアグラス

アルクールなどの並行輸入品のオールドファッショングラスはこれから続々とペアグラスの販売に切り替わって行きます。正規品の1客販売を現状では続けるそうです。 アルクール ペアの日本の正規店の販売価格は ¥66,960(税込)です。 プルデザインの並行輸入品の販売価格¥62,000(税込)は、なかなか魅力的な価格設定だと思います。(デザイン+刻印 込み) 正規品は刻印を入れると、どうしてもお値段は高くなってしまいます^^ プルデザインはアルクールの様な正規品でも並行輸入品でも仕入れのできるグラスは価格が比較的安い並行輸入品を中心にご案内していきます。 正規品がご希望のお客様にはもちろん正規品をご用意いたします。 ペアグラスが主流になっていく理由は欧米では日本と違いグラスを単品でプレゼントすることがあまり無いそうです。言われてみればそうかもしれませんね。 やはり家族や夫婦を中心に考える欧米の文化という感じがします。 ウィスキーも男女共同参画の時代に入って行くのかもしれません。おじさんの密かな楽しみ的なウィスキーという考え方は既に時代遅れなのかもしれません。 ウィスキー自体もピーティなウィスキー以外にフルーティーで仄かな甘みが印象的なニッカの「宮城峡」の様なティストのウィスキーもどんどん増えています。 女性のピートフリークも拡大して「ボウモア」や「アートベック」を好んで飲まれる方もいらっしゃいます。 アルクールのページに戻る。

マッセナ ペアグラス

マッセナもバカラを代表するオールドファッショングラスですが、やはりどんどんペアグラスに変わっていきます。 これは夫婦でウィスキーを味わう時代がもうそこまで来ていますから、やはり時代の大きな流れなのだと思います。 すでにウィスキーは男性だけの密かな楽しみではなくなったのだと思います。 マッセナ ペアの日本の正規店の販売価格は ¥60,048(税込)なのでプルデザインの並行輸入品のデザイン+レリーフ込みの販売価格¥56,000(税込)はかなり魅力的な価格設定だと思います。 正規品も並行輸入品もどちらも間違いなく本物のバカラなのですが一体何が違うのかがわからない方のために簡単に説明します。 海外から日本の貿易会社が直接買い付けてきたものを並行輸入品と呼び、日本の正規店からプルデザインが購入しているものを正規品と言います。 バカラは工業製品ではありませんので1点、1点手作りですので商品ごとに多少のバラツキがあります。わかりやすいのが底面に入っているバカラのマークです。この位置は職人が目見当で入れているので必ずしもセンターに入っているとは限りません。 正規品の方がそのバラツキの管理をしやすいという事と、日本でしか流通していない規格の商品が手にはいるという事が大きな違いです。 このマッセナも並行輸入品はペアの商品しか購入する事ができませんが、正規品は単品でも購入する事が可能です。 話は変わりますが、、、 マッセナはニューヨクのセレブリティがバカラと言って、真っ先にイメージするのがこのグラスだと僕は確信しています。賭けても良いです^^。 サイドのカットはふくよかな曲線と細かい緊張感のある鋭角

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事