竹鶴12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日はニッカブレンデッドウィスキー「竹鶴」です。 スコットランドで本格的なウィスキー造りを学んだ竹鶴正孝が、 1943年に開設した北海道に作った余市蒸留所のモルトと、 宮城の森に作った宮城峡蒸留所モルトを同士を掛け合わせた、 昔で言う「ヴァンテッドモルト」ニッカの言い方では「ピュアモルト」。 ブレンデッドウィスキーとの差はグレーンウィスキー(トウモロコシなどの雑穀)を、 使わず余市と宮城のモルト原酒同士をブレンドをしたのが竹鶴です。 宮城峡はフルーティで余市はピーティでその二つのモルトが お互いを高め合いモルト同士のブレンドならではの上品でコクのある独特の、 深みのあるフルーティな味わいと幾重にも広がるフレーバーが、 竹鶴の世界を広げています。 ジャパニーズウィスキーの「ピュアモルト」として完成品と言っても良いと思います。 竹鶴は「12年」、「17年」、「21年」とあって、 「21年」はWWA(world Whiskies Awards)という 100カ国以上で愛読されているイギリスの「ウィスキーマガジン」が、 主催する世界的な賞でなんと2007年、2009年、2010年と連続で最高賞に輝きました。 以前お伝えしたISC(Internatinal Spri

宮城峡12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日は竹鶴を語るために欠かすことができない、 ニッカの至宝、宮城峡12年です。 余市に続いて蒸留所を作ったのが仙台から車で40分ほど、 山形との県境にある宮城の森の中だったこの蒸留所宮城峡です。 宮城峡蒸留所は新川川が流れている、 この水でブラックニッカの水割りを作って飲んだ竹鶴正孝は、 宮城峡蒸留所の建設を決断したと言われいます。 宮城峡蒸留所は余市とは方向性を変えてスチームによる間接蒸留を行なうなど、 より柔らかく、華やかな、ウィスキー造り考えていた。 その狙い通り蒸留所設立から40年ほどたった宮城峡の評価は、 ここ何年間で、「格段にその美味しさの深みを増している」 竹鶴正孝の狙い通りフレーバーはフルーティで華やかで、 それでいて非常に日本的な甘い梨の様な和のテイストがある。 そして山崎にも通じる様な儚さがある。 宮城峡はここ数年確かにその実力を開花し始めていると思う。 それは竹鶴にブレンドされることでまた、その存在感を表している様に感じます。 宮城峡を飲んでこのウィスキーは竹鶴のために作られたと直感しました。 余市の無骨さ荒々しさに対して全く違う、 スチームによる穏やかな蒸留と山々が育てた深みです。 マッサンには最初からあるイメージがあったのかもし

余市12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 ようやく話の順番として「余市12年」までたどりつきました。 これから先は個人的にえこひいきも入ります。 僕は多分、ニッカのウィスキーが好きなんです。 それは「巨人」より「阪神」、「卵焼き」より「目玉焼き」。 そんな色々なことも左右しているので大目にみてください。 NHK の「マッサン」でおなじみのように。 スコットランドでウィスキーを学んだニッカの創業者・竹鶴正孝は、 「ウィスキーは北の大地で作る」という信念のもとに、 長年望んできた自分の理想の地、余市に1934年に余市蒸留所を作りました。 海に近く、雪深く霧に包まれる北の大地 余市。 この厳しい環境がウィスキー造りには必要でした。 湿気は樽を乾燥から守り豊かな雪解けの水は清らかでウィスキー造りにかかせません。 そして気温が低い事で樽熟成をゆっくり進ませることができます。 ピートや石炭、大麦も全て北海道で手に入れることがでる、 余市こそ竹鶴の求めていた理想の蒸留所でした。 また、この余市は今でも世界でただ一つ、 石炭による直火炊き蒸留を行なっている蒸留所で、 香ばしく力強い、独特のモルトウィスキーを作り続けています。 世界のウィスキーは2極化しているような気がします。 スモキーフレーバーを大切に伝統を守りぬ

白州12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日は白州12年です。 1973年サントリー第二の蒸留所として、 標高700メートルの山中に白州蒸留所は設立されました。 甲斐駒ヶ岳のふもとにある。広大な敷地は美しい森林に囲まれ、 世界でも珍しい森の中の蒸留所です。 サントリーの天然水「南アルプス天然水」はこの蒸留所でボトリングされています。 南アルプスの水をマザーウォーターとし森の乳酸菌の働きをうながすために、 木桶発酵を長めに行なう事でフルーティで瑞々しいモルトウィスキーができます。 ピート麦芽を行なっているので白州は、 柑橘系のさわやかなフルーツの香と森林浴しているような深い緑の香の奥に、 スモーキーな香を感じることができます。 白州はアメリカンホワイトオークのボグスヘッドという樽を使っています。 もともと熟成が穏やかな樽ですがそこに深い森林の香が、 樽の中にとけ込んでいるように感じてしまいます。 スコッチでもジャパニーズウィスキーでも、 山の中にある蒸留所は決して珍しくありません。 全てのシングルモルトの原点と唱うザ・グレンリベットも、 スペイサイドの標高270mの山深い場所にあります。 ニッカの宮城峡も仙台から車で40分ほど、 山形との県境にある宮城の森の中に蒸留所があります。 海の近くの

響12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 ジャパニーズウィスキー響は、 日本のブレンデッドウィスキーの完成形といっても過言ではありません。 ISC(International Spirits Challenge)で2005年から受賞し、 2010年では響12年と21年が同時受賞している。 ISCはイギリスで毎年開催されているウィスキーの世界大会です。 ウィスキー部門は世界のウィスキー蒸留所のブレンダー12人が、 目隠しした状態で試飲して合議制により賞を決める。 極めて厳正なコンペティションです。 この2010年のHIBIKI12年の受賞が凄い所は、 それまで響が取った賞はほとんどが響30年の物だったんだですけど、 それを12年で金賞を受賞した事にあります。 2014年までに響きはISCで毎年のように金賞に輝く快挙を続けています。 更にWWA(World Whiskes Awads)でも2007年から最高賞を5度受賞しています。 WWAも世界100カ国以上で愛読されているウィスキーの専門誌、 ウィスキーマガジンが主催するウィスキー業界が注目するコンペティションです。 響12年は12年物とは思えないほど複雑な味わいで香もスィートでリッチです。 安易にフルーティと言う言葉は使いたくないんですが、

山崎12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 日本で最初の国産ウィスキーが発売されたのは1929年の事でした。 そして80年以上の年月を経て日本のウィスキーは新たなステージに上がろうとしています。 いまや日本のウィスキーが海外のコンテストで続々と入賞を果たし、 日本のウィスキーから世界のジャパニーズウィスキーに変わろうとしているのです。 ISC(International Sprits Challenge)、イギリスで毎年開催され、 世界中から注目されるウィスキーの世界大会で2003年をかわきりに、 山崎、響、白州、竹鶴、余市、宮城峡が毎年、最高賞や金賞に輝いています。 WWA(World Whiskies Awards)世界100カ国で、 愛読されている「ウィスキーマガジン」が、 主催するコンテストでも2007年から、 竹鶴、響、余市がワールド・ベスト・ウィスキーのブレンデッド部門や、 シングルモルト部門で選ばれています。 今日はみなさんご存知のジャパニーズウィスキー 山崎12年。 山崎蒸留所は1923年にできた日本で最初の本格蒸留所です。 山崎が選ばれたのは千利休が惚れた、 日本の名水「離宮の水」をマザーウォーターとして選んだからです。 山崎蒸留所の歴史は日本のウィスキーの歴史と言ってもいい過ぎではあ

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事