ジャックダニエル

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 ご存知テネシーウィスキージャックダニエル。 ボトルに輝くNO.7の秘密を知っていますか。 アメリカ最古の蒸留所ジャック・ダニエル蒸留所は、 1866年に開業しました。 ジャック・ダニエルはルター教会の牧師であり蒸留所のオーナーであった、 ダン・コールから、 テネシーウィスキー独特の製法である原酒を樽詰めする前に、 サトウカエデの炭で濾過する「リンカーン郡製法」を学びました。 それがジャックダニエルオールドNO.7のベースになっています。 ジャックダニエルもまたホロー(洞くつ)から湧き出す、 冷たくきれいで鉄分を含まないケーブ・スプリングの水でつくられています。 この水は通年、毎分800ガロン、摂氏13℃の一定温度で流れており、 鉄分がいっさい入っていません。 これが、この蒸溜所が当初この場所に設立され、 以来同じ場所に存続し、 オールドNO.7のが世界に認められ続けるもう一つの秘密です。 スコッチもバーボンも鉄分の入っていない水というのものを求めて、 蒸留所を作っています。 うまいウィスキーを作るための鉄板キーワードかもしれません。 ジャックダニエルオールドNO.7が世界に認められたのは、 1904年、ミズリー州セントルイ

メーカーズマーク

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 バーボンの常識を覆した口コミバーボン「メーカーズマーク」の登場です。 このバーボンは全てが新しいとキャッチフレーズにつけたいぐらいに、 他のバーボンとメーカズマークは全て違います。 メーカズマークはそれまでのバーボンに飽き足らず、 あえて代々伝わるバーボンの製法を焼き捨て、 世界に通用するバーボンを目指し、全く新しいバーボンにチャレンジした、 ビル・サミュェルズ・シニアが作った新時代のバーボンです。 彼が最初に手を付けたのが伝統的なバーボンが使っているライ麦に変わる原料を探す事でした。 彼は何種類かのグレーン(穀物)を試すためにまずパンを大量に焼きました。 その味覚の違いで冬小麦に目を付けました。 そして次に探したのが蒸留所。彼の要求を満たす理想の場所は、 ハッピーハロー(スターヒルファーム)に廃屋同然の小さな蒸留所を見つけました。 その蒸留所の敷地内にはウィスキー造りには最適と言われる「鉄分を含まない天然水」 ライムストーン・ウォーターが湧き出ていました。 この「冬小麦」と「ライムストーン・ウォーター」で世界を驚かせるのです。 そして彼は拒んできたサミュエル家に伝わるウィスキー造りの精神をたった一つ残しました。 それは「最高の材料を使って人の手で作れ

ブラントン

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 昨日、お話しした「ブッカーズ」と対照的なバーボンが、 シングルバレルバーボンの代表「ブラントン」です。 ブッカーズは加水しませんが少量の樽を混ぜ合わせる事で、 一定の品質を実現すると言う考え方から生まれた「スモール・バッチ バーボン」です。 ブラントは逆に「シングルバレル」にこだわっています。 シングルバレルとは「ひとつの樽」から取り出された原酒をボトリングしたものです。 このブラントンは出荷時に純水によって希釈されて、 度数調整が行なわれてボトリングされます。 スーパープレミアムバーボン・ブラントンは 1984年にウェスタンカルチャーを生み出した開拓者達に心から敬意をこめて、 ケンタッキーダービーのダービー馬と騎手をキャップに冠して発売されました。 ブラントンはバーボン造りの名人アルバート・ブラントンの名をとって生まれました。 ブラントンが生まれたフランクフォート周辺はライムストーン層をくぐり抜けた、 良質のスプリングウォーターに恵まれています。 この良質なわき水がブラントンを創るマザーウォータです。 ブラントンとなる原酒は4回の夏を越すまでに、マスター・ディステイラーを含む、 3人のディステイラーによってティステイングされブラントンに相応しい予感を

ブッカーズ

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日はバーボンの中で僕が一番好きな、 名匠ブッカー・ノォを目標とするスモール・バッチ バーボン ブッカーズについて書きます。 とにかくスコッチとか日本のウィスキーとかとは、 全く別次元で旨いです。 64度のアルコールとこの濃密な旨さは、 ティスティングとかそんな次元ではありません。 もう「どうだ!ガツーン」って感じかな! このブッカーズって加水や濾過をせず樽からそのままお届けバーボンなんです。 だからアルコール度数が64度もあってこの信じられないコクと濃さが実現した訳です。 ブッカーズは名匠ブッカー・ノォの考案した「スモール・バッチ バーボン」 少量の樽を混ぜ合わせる事で一定の品質を実現すると言う考え方から生まれました。 ブッカー・ノォは100年ほど前にバーボンを販売していた時は、 樽から直接計り売りしていたそうです。 だからブッカーズは製造工程で「バレルプルーフ」(加水)や濾過を一切せず 樽から直接瓶詰めされている世界で唯一のバーボンです。 ブッカーズの1本1本の首の付近にラベルがついていますが、 ラベルには何年何ヶ月熟成をどの樽でされたのかのナンバーと度数が刻まれています。 ちなみにこのボトルには7YRs 0MO BATCH N2 C0

ワイルドターキー12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 バーボンももちろんウィスキーです。 バーボンは1789年エライジャ・クレイグ牧師によって作られました。 主な原料は51%以上80%未満のトウモロコシ・ライ麦・小麦・大麦などですが、 これらを麦芽で糖化し、さらに酵母を加えてアルコールを発酵させる。 その後、連続式蒸留機でアルコール度数を160プルーフ以下に調整して蒸留します。 バーボンは熟成の際に焦げた樽の色と香が映りバーボンならではの独特の風味になります。 バーボン樽の内側の焦げ付きはいろいろな説がありますがハッキリはしていません。 バーボンの中で、特に2年以上熟成させた物を「ストレート・バーボン」、 樽同士のブレンドを行なわず一樽そのままを瓶詰めした物を「シングル・バレル・ バーボン」、 さらに5〜10種類の樽をブレンドしたものを「スモール・バッチ・バーボン」と言います。 バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に 生産されているウィスキーの事を言います。 バーボン界のマスターディスティラー ジミー・ラッセルが作った、 ワイルドターキー12年の登場です。 バーボンの聖地ケンタッキー州ローレンスバーグ蒸留所の門を、 19才の時にくぐってから半世紀以上本物を追い続けて来た男が、 ワイルドターキーの蒸留所の

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事