オーヘントッシャン

ローランド地方のウィスキー造りの伝統を守り、 いまでも3回蒸留で作られている、 シングルモルトそれがオーヘントッシャンです。 3回蒸留と言うのは、 アイリッシュウィスキーの伝統的な製法で、 3回蒸留した物は、 あきらかに雑味が無くスッキリとした味わいになります。 現在のローランド地方のほとんどの蒸留所は、 蒸留効率を上げると言う時代の波に流され、 この手間がかかる伝統的な3回蒸留をやめてしまいました。 結果、ローランドモルトの品質は低下し、 隆盛を誇るハイランドモルトに対する対抗策として、 ローランド地方では連続式蒸留器を入れ、 グレーンウィスキーの製造にシフトしていきました。 オーヘントッシャンは時代の流れに逆らい頑固なまでに、 3回蒸留にこだわり続けた、 ローランド地方のガラパゴス的なシングルモルトです。 しかしそのこだわりは飲んでみると、 さすが!と、思わず唸ってしまう程の美味しさです。 バランスが良くミルキーな洋菓子を連想させるアロマや、 果実のような甘い香のフレーバーを持っています。 そして格別にスッキリとした飲み口は、 草原の香さえ連想させ、 何杯飲んでもその爽やかさは変わりません。 3回蒸留と言えばアイリッシュウィスキーの伝統的な、 蒸留方法なのですが、 アイリッシュウィスキーではピートを炊きません。 オーヘントッシャンはすっきりした3回蒸留の飲み口と、 スモーキーな部分が微妙にバランスしている、 とても完成度の高い特別な味わいです。 一手間かける事にこだわり続けたローランド誇り、 そのこだわりが伝わってくる素敵なスコッチ

スプリングバンク10年

スプリングバンク これも珍しいキャンベルタウンのスコッチです。 でも本当にバランスが良く、 本当に手をかけたスコッチと言うイメージです。 フェノール値8ppmの麦芽を使い、 2.5回蒸留します。 2.5回というのはローワインの一部を3回、 蒸留する事になるそうです。 ローワインと言うのはポットスチル製法による、 第1回蒸溜でウォッシュ・スチルから、 得られた溜液の事を言うそうですが、 この辺はちょっと勉強不足で分かりません。 でも、スプリングバンクは、 アイリッシュウィスキーのブッシュミルズとも似た、 こだわりを持ったスコッチです。 同じように3回蒸留のオーヘントッシャンとも、 同じ傾向を感じます。 その風味はフルーティで軽やかで、 潮の香とわずかな塩味を楽しみながら、 ピーティな香に心が躍るスコッチです。 キャンベルタウンもローランドと同じ様に、 最盛期には34もの蒸留所が存在し、 「世界のウイスキーの首都」と呼ばれる存在だったんです。 キャンベルタウンは大西洋に向かう、 船舶の寄港地として栄えました。 海上輸送を前提とした場合、北米からの航路の拠点である、 キャンベルタウンはウイスキーの生産地として好都合で、 「ローランド・ハイランド・アイラ島」に並ぶ、 四大ウイスキー名産地の一つとして栄えましたが、 ローランドと同じ様に効率をもとめる、 時代の波に押し流され現在は2件の蒸留所が残るのみです。 でも正直に本質を失わず作り続けて来た物は、 本当にみんな光っています。 こんな素晴らしいスコッチを守り続けて欲しいと、 願うばかりで

クライヌリッシュ14年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日は幻のウィスキーシングルモルト「クライヌリッシュ14年」です。 クライヌリッシュはスコットランドの北東部ハイランドモルトで造られています。 蒸留所は北海に面したリゾート地ブローラに1819年に創業しました。 ハイランドとは西のグリーノックと東のダンディーより北を通常「ハイランド」と呼んでいるので、 地理的にはスペイサイドもこの中に含まれるんですが、 スペイサイドは独立した地域名称を与えられているため、 ハイランド・モルトとスペイサイドモルトは通常区別されます。 ハイランドで造られているスコッチだけでも40箇所もあります。 クライヌリッシュはジョニーウォーカーのゴールドラベルの原酒としても有名で、 その人気故に生産が間に合わずかつて発売されていた12年ものは幻のスコッチと言われ、 2色のラベルデザインから「バイカラー」という通称で呼ばれていました。 クライヌリッシュ14年はハイランドモルトとアイラモルトを、 足したような複雑な海の香と味わいがあります。 1967年に新しい蒸留所ができ新しい蒸留所がクライヌリッシュと名のり、 古い蒸留所は「フローラ」改名し現在は創業を中止しています。 新しいクライヌリッシュ蒸留所は以前の蒸留所と同じ、 クラインミ

ザ・グレンリベット12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日は全ての「シングルモルトの原点」をスローガンにしている、 ザ・グレンリベットです、 ザ・グレンリベットもお約束の「THE」がついています。 マッカランと共に天上天下唯我独尊という勢です。 ザ・グレンリベットは1824年にスコットランド最初の、 政府登録蒸留所として認可されたスコッチです。 まさに「シングルモルトの原点」と言う事ができる唯一のスコッチです。 創業者ジヨージ・スミスの創るウィスキーの品質の高さは、 ウィスキー造りが違法であった時代から評判でした。 ザ・グレンリベットの蒸留所は標高270mの山深い場所にあり、 まさしくゲール語が意味する「静かな谷」グレンリベットそのものなのです。 ザ・グレンリベットは現在の「スペイサイド」と呼ばれる場所に蒸留所があり、 年間を通じて一定の気温と湿度が保たれマザーウォーターと良質なピートに恵まれる、 ウィスキー造りには欠かせない環境から生まれています。 この辺もNHKの朝ドラ「マッサン」を思い出します。 特に蒸留時の裏手から出る「ジョージの湧き水」と呼ばれるマザーウォーターが ザ・グレンリベットには欠かせません。 この「ジョージの湧き水」はミネラルに富む硬水で地下約200mの水脈を源泉とし、 水温は5~8°

ボウモア12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 スコッチのシングルモルトといえば、 この二つの巨人を抜かしては語れない。 それは「ボウモア」そして「ラフロイグ」。 今日はまずボウモアの話をしたいと思います。 アイラ島はヘブリディーズ諸島の最南端にあり、 アイラ島だけで現在8つの蒸留所が創業しています。 古くからウィスキー作りで栄えてきた島です。 アイラ島はスコッチ作りで有名な6っの地域の中では、 もっともスモーキーでピーティなシングルモルトを作っています。 その風味に魅了された熱烈なフアンが世界中にいて、 「ピートフリーク」と呼ばれています。 アイラモルトは北側と南側で良く比較されます。 北側は繊細で軽く、南側は力強く重厚だと言われます。 ボウモアはアイラ島のほぼ中央に位置し その味わいのお互いの良いところを持っているので、 「アイラの女王」とも言われています。 そして、このシングルモルト12年はボウモアの中でも、 非常に安定していて高い評価を得ています。 村上春樹の「もしも僕らの言葉がウィスキーであるなら」 この本の中にボウモアに関してこんな記述がある。 アイラの島で僕はボウモアとラフロイグの蒸留所を見学させてもらった。 同じ島の中にありながら、この二つは驚くほと様式を異にしている。 簡単に言

オールドパー12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日は岩倉具視が持ち帰った、 伝説のスコッチウィスキーオールド・パー12年です。 今回初めてブレンデッドウィスキーの登場です。 今まで紹介した②〜④はすべてシングルモルトでした。 アイリッシュウィスキーのところでも触れましたが、 スコットランドから始まったブレンデッドウィスキーの登場で、 品質は格段に安定し世界中にウィスキーが広まっていくことになります。 そのスコッチのブレンデッドウィスキーの御三家として、 結構個人的な偏見ですが、(ここはみなさん意見の分かれるところです、) バランタイン・ジョニーウォーカー・オールド・パー・・・言ってもうた! ま!なにわともわれ話を先に進めます。 オールド・パーのブランド名は1483年から1635年の 152年間生きたトーマス・パーから由来しています。(本当かな^^) トーマスパーは英国王から長寿を賞され終身年金を受けとっています。 オールド・パーの名前は彼の長寿にあやかって命名されました。 オールド・パーは普遍のクラシック・スコッチと呼ばれるほど、 スコッチを代表するスコッチと言われています。 その蒸留所はスコットランド北東部、 スペイ川のほとりにある小さな蒸留所クラガンモアで作られています。 オールドパーの原酒は19世

ザ・マッカラン12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日はスコットランドのウィスキー ザ・マッカラン12年。 その名もスコッチのロールスロイスと言われています。 ハイランドの東に位置するスペイサイドそのスペイ河流域にマッカラン蒸留所はあります。 マッカランに使われている仕込み水は蒸留所内部の五つの井戸から汲み上げて、 これが「ザ・マッカラン」になります。 自分で「The」をつける所が凄いです。 ちゃんとラベルにも「The」が入っています。 ザ・マッカランがスコッチのロールスロイスと言われる理由は、 そのいくつものこだわりがあります。 麦芽用の大麦には、「ゴールデンプロミス種」しか使用しない。 手間がかかっても「スペイサイド最小の直火蒸留釜」でじっく蒸留する。 NHKの朝の連ドラ「マッサン」のこだわった、 ニッカの余市の蒸留所もこの直火蒸留釜です。 さらに蒸留時にもこだわりがあります。 「ファイネストカット」と言われる、 蒸留時の始めと終わりの部分をカットし本当に香の良い部分だけしか使わない。 こんなこだわりの一つ一つを今でも一貫して続けていることで、 ザ・マッカラン特有の厚みのある甘い香になります。 マッカランの貯蔵樽は「シェリー樽」のこだわりでも知られています。 最高品質のシェリー樽を確保するために、

ジェムソン12年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 今日もアイリッシュの銘酒ジェムソン12年です。 創業はボトルにも刻まれていますが1780年です。 ミルドン蒸留所でいまも生産されています。 ジェムソンの特徴は単式蒸留器使いアイリッシュの伝統的製法である、 ピートを炊かずに蒸留回数をスコッチの2回に対し、 3回大麦以外の穀物を幾つか加えた原料を3回単式蒸留器で蒸留します。 単式蒸留器で3回も蒸留するとっても大変なことらしいです。 更にオロロソ・シェリー樽で12年の熟成をさせます。 その12年の歳月の中で樽の焦げ目やシェリーと独特のスパイスが混ざり合い、 その味わいを深めて行きます。 ジェムソン12年の味わいは奥深い味わいとフルーティな余韻が続くのが特徴です。 おなじアイリッシュでも昨日紹介した、 ブッシュミルズとはまったく違う個性を持った、 アイリッシュウィスキーです。 名入れグラスとはに戻る

ブッシュミルズ10年

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 やはりウィスキーを語るにあったって、 最初に押さえなくてはならない場所はウィスキー発祥の地と言われるアイルランドです。 アイルランドで生産されるウィスキーは12世紀にはすでにつくられていたと言われ、 16世紀には1000以上の蒸留所ができるほど盛んでした。 しかし、酒税の重圧やスコッチがブレンデッドウィスキーでシェアを広げ、 更に戦争による被害でアイルランドの蒸留所も多数の被害を受けました。 そのため現在では全ウィスキーの2%以下のシェアを占めるにすぎなくなりました。 その中でいまでも手に入る、 アイリッシュウィスキー ブッシュミルズ10年を紹介します。 ブッシュミルズはアイリッシュの伝統「トリプル(3回)蒸留」を守り、 加えて「モルトをスモークしない」、「100%麦芽化した大麦を使う」などの 独特な手法からスモキーフレーバーが効いたスコッチとは、 味わいが大きく違ってきます。 よく問題になるスモキーフレーバーが嫌いな人は、 一度ブッシュミルズを飲んでみてください。 この製法だから親しみやすくすっきりとしたフルーティな独自の味わいになります。 名入れグラスとはに戻る

ウィスキーの話

せっかくバカラの名入れグラスをプレゼントしたのに、 ウィスキーやスコッチ・バーボンなど、 せっかく盛り上がってきた話題についていけない。 ウィスキーの話はよく分からない。 それではいただいた方もちょっと悲しいかも・・・ そんなお客様のためにウィスキーの基礎知識として、 この「ウィスキー編」を書き始めました。 ウィスキーが何処の国で生まれたのかはまだハッキリとした結論が出ていません。 ただ一番最初にウィスキー作りが始まったのはアイルランドだと言われています。 そのウィスキーづくりの技術はスコットランドに渡り大きな進化を遂げ、 アイルランド人やスコットランド人が新大陸に移動するに伴いアメリカなどに伝わりました。 ですからスコットランドでできたウィスキーを「スコッチ」。 アメリカで作っているウィスキーは「バーボン」とか「テネシーウィスキー」 最近注目されている日本のウィスキーを「ジャパニーズウィスキー」とか呼びます。 現在はISCなどでたびたび賞を獲得しているジャパニーズウィスキーなどが、 本格的にウィスキー作りを始めたのは20世紀に入ってからです。 ISCとはイギリスに本拠地を置くインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ と言う酒類が目指す国際大会です。 ちなみに2014年はサントリーの「響21年」等が受賞しています。 名入れグラスとはに戻る

ウィスキーを飲みながら。

ウィスキーを飲んでいるときに感じている味は、 本当に正しいのだろうか? 僕はこの質問に自分で問いかけながらとまどってしまう。 ワインや日本酒は醸造酒なので、 食事を取りながら酒の味や食事の素材を引き立て豊かにしてくれる。 そしてほとんどの場合その味わいは確立していて決して揺らぎない。 一方ウィスキーはそれとはまったく違う立ち位置にいる。 飲み方・場所・その日の気分・・・ 何故かいろんなものに左右され揺らいでいるような気がする。 食卓を囲いながら家族と時間を共有しウィスキーを味わうという行為は、 ウィスキーにふさわしいとは思えないのだ。 だからと言って友達と家族でウィスキーを飲む事を否定してはいない。 あくまでもウィスキーを味わいたいと考える時には、 いろいろな要素が錯綜する場所で、 複雑な味わいを客観的に味わうという事がとても難しく感じる。 何かを食べながらウィスキーを飲むなんて事は、 最近は絶対にありえないような気がしている。 だいたいウィスキーに合うつまみというものは存在するのだろうか? ウィスキーは独立した存在で、 孤独や静けさと仄かな灯。 時が止まったように感じる静寂さがよく似合う。 ウィスキーを飲むということはウィスキーが宿命として培った時間を、 ウィスキー共に紐解いていく特別な時間を共有することだと思う。 ウィスキーは時間を閉じ込めた飲み物だ。 だからこそ、その時間をとき放すときの感動がある。 ウィスキーの封を切りグラスに注ぐそ瞬間に、 閉じ込められていた時間を取り戻すようにフレーバーが溢れ出す。 そのフレーバーはウィスキーによってさまざまだ。 磯の香り、森

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事