バカラグラスに名入れパーフエクション

バカラグラスでハイボールグラスのパーフエクションは、 焼酎の水割りやソーダ割りを楽しむにはうってつけだと思います。 そのつるっとした飾り気のないデザインと、 どしっとした重厚感が日本の美とどこかで通じ合います。 特に自分の名前をサイド面でも底面でも漢字で刻んだりするとよりらしくなります。 まるで最初からそこにデザインされるために存在していたような気がするぐらいです。 バカラのパーフエクションの特徴はロックグラスも含めて底が厚いという事です。 この分厚い底がデザインに高級感を生み心地よい重みで心が震えます。 重いというのはほとんどマイナス材料にしかならないと思っていました。 パソコンでも携帯用の音楽機器でも常に軽さを競い合ってきました。 しかしバカラに関してはこの重さがたまらないのです。 物には適度の重さが逆に気持ちが良いという事もあります。 万年筆や高級腕時計などもブランドによってはあてはまるかもしれません。 バカラのグラスを洗い終わって乾かす時に、 飲み口を下にして乾かすお客様がいますが、 バカラの底は重いのでグラスの飲み口部分が痛んでしまいます。 洗った時には飲み口を上にして乾かすか、 飲み口に直接力がかからないような方法でグラスを乾かすと長持ちします。 間違っても食洗機には入れないでくださいね。 名入れグラスとはに戻る

世界に一つのグラス。

バカラ アルルカンで名入れグラスを作りました。 グラスにメッセージを入れると言う事はどうゆう事なのかなって? 最近よく考えます。 それは世界に一つしか無いグラスを、 お客様と一緒に作って行く共同作業だと考えています。 たった一文字の間違いでも、 そのグラスはゴミになってしまいます。 その責任を日々感じながら制作しています。 私共ができるのは精神誠意お客様の立場に立って、 お客様がお選びになったメッセージの意味を考えながら、 デザインをまとめて行く事だけです。 スペルとの相性を考えながら書体を選び、 1文字1文字の字間の調整や意味によって行間も調整しています。 T.K.様からこのようなメッセージを頂きました。  とっても素敵な仕上がりで、  プレゼント頂いた方も、渡した方も感激致しました♪  送別会に使ったお店の方からも『素敵~!!』とおっしゃって頂き、  私達も鼻高々でした。  贈る側のメンバーの方からも『俺の時もこれにしてくれな』と、  予約が入るほどでした。  あの一つのタンブラーで本当にたくさんの人が幸せな気持ちになりました。  納期におきましてもご配慮いただき、本当にありがとうございました。  この感激を多くの人にも感じていただきたいと思っております。  どなたかの幸せな瞬間のお手伝いが出来れば幸いです。 この様なメッセージを頂ける事が私共の励みになります。 一人でも多くのお客様のご期待に応える事ができる様に、 これからも1点、1点、心を込めて、 世界に一つだけのバカラのグラスに名入れして行きたいと思います。 HOM

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事