結婚式に想いを込めて。

ベガは1995年に発表されました。 グラスの側面底部から中央部にかけて大胆な3列の山なりのカットが、 特徴のバカラのモダンデザインの傑作です。 このグラスは茨城県在住のT.T.様がお選びになり、 従兄弟夫婦の結婚式を挙げたお日にちに、 メッセージと共にエッチングされてお贈りされました。 底面のエッチングはサイド面のエッチングに比べて、 大変難しい部分があります。 それはバカラの特徴でもある底面の厚みです。 ロックグラスの底面は一見広そうに感じますが、 グラスの縁にかかってくると文字は歪んでしまいます。 美しいスクリプトの文字を生かす為にも、 極力文字数を少なくした方が美しい仕上がりになります。 今回T.T.様のエッチングされた文字数は、 バカラのグラスに名入れする理想的な文字数だと思います。 HOMEに戻る

ミルニュィという美学

バカラのミルニュイは「千の夜」という意味です。 細かいスカートの様なプリーツ状の模様がグラスの内側に刻まれていて、 まるで「アラビアンナイト」の世界を旅をしてるかの様な、 優雅なデザインがその特徴です。 ミルニュィは世界的に活躍する、 アーティスト「マティアス」の作品ですが、 「マティアス」がシリアやトルコで幼少時代を過ごした、 オリエンタルな世界への想いがグラスから伝わって来ます。 このグラスは富山県在住のT.K.様が、 還暦のお祝いにご両親にお作りになりました名入れグラスです。 「メッセージの刻印が浮き上がるように見えて、  とても綺麗な仕上がりでした。  家族みんなで喜んでおりました。  お願いして本当に良かったです。いい記念になりました。」 プルデザインの名入れグラスのエッチング方法は、 サンドブラストと言う方法で、 砂の細かい粒子をグラスに吹き付け、 細かい文字や線を深く彫りながら再現していきます。 文字に立体感が出て浮き上がって見えるので、 仕上がりはとても高級感があります。 でもバカラのグラスは底が厚い為に、 グラスの縁にお名前やメッセージがかかると文字が歪んでしまいます。 その歪みをできるだけ出さない様に文字をセンターに寄せながら、 名入れグラスのデザインを工夫していくのが一つの醍醐味です。 ミルニュィは上部の「マティアス」のロゴに価値がありますので、 メッセージを下部にまとめてシンプルな明朝体で仕上げました。 ちなみにイニシャルの英語表記は Akio C. が正しいんですよ。 英語の場合は省略記号と

お勧めの記事

応援して頂くと励みになります^^

  • Pinterest
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
最近の投稿
過去の記事